住信SBIネット銀行の住宅ローン審査は甘いというのは本当か?

<スポンサーリンク>

住信SBIネット銀行の住宅ローンについて審査が甘いのか検証しました。

住宅ローンは低金利になっていますので乗り換えする人が今後もさらに増えるでしょう。

金利が低くなると住宅ローンの負担もかなり軽減されますし、月々の返済も楽になります。

住宅ローンの負担を減らすためにも金利の低い住宅ローンに乗り換えることが賢い方法となるのは間違いありません。

新規に住宅ローンを申し込みたい人や乗り換えを検討する人にも参考になるよう、住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査について説明します。

住宅ローンの審査の基準

住宅ローンは様々な金融機関が取り扱っていますが、 審査の基準を様々です。

そのため同じ条件であっても一方では審査が落ちたけど、他方では審査が通ったというケースも珍しいことではありません。

希望の借入額や月々の返済額で審査に通るか不安でしたら、まずは何社かに仮審査を申し込むことをお勧めします。仮審査は早ければ数日で結果が出ます。

住信SBIネット銀行では一般の銀行のように友人の窓口はありません。審査の申し込みはネットと郵送で行います。

ハウスメーカー提携の住宅ローンを利用する場合は、手続きは全て担当者が行ってくれますが、住信SBIネット銀行は全てご自身での手続きが必要となります。

住信SBIネット銀行で住宅ローンの審査を行う場合でも、不動産会社に審査を申し込むことを伝えておいてください。

不動産取引というものは本人と不動産会社、住宅ローンの金融機関との連携があってスムーズに取引が進めることを覚えておいてください。

本審査の結果が出るまでの期間

本審査の結果が出るまでは最低3週間は必要となるでしょう。あくまで最低の期間ですので、もし書類に不備があった場合はさらに時間を要します。

先ほど説明しましたように住信SBIネット銀行では有人窓口がありませんので、一般の銀行と比べて連絡を取る際には手間がかかります。審査の結果が早く出るよう入念な準備が怠らないようにしてください。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査の実態

ネット銀行の住宅ローンの審査は甘いと言う口コミが多いですが、決して甘いということはありません。

たしかに大手銀行と比較すると審査は甘い傾向にありますが、住信SBIネット銀行の住宅ローンの審査では都市銀行と同レベルの審査が行われます。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの申込はネットと郵送で行われますので、ハードルが低いため審査が甘いと勘違いされてしまっているようです。

住宅ローンの審査は個人信用情報、勤続年数、年収など総合的に判断されます。同じ勤続年数、年収であったとしても公務員の方が信用が高いですので、住宅ローンの審査も通過率が高くなります。

最後に

また住宅ローンの審査が通ることと、住宅ローンの返済を続けられることは違う考え方となります。

審査が通ったとしても、無理な返済計画を立ててしまえば返済が続けられなくなります。返済が続けられるなれば大切な我が家を失うことになってしまうかもしれません。

ですので審査が通ったから無理な返済計画でも大丈夫だと思わないでください。まとまったお金が必要になるという不測の事態はいつ起こるかわかりません。

まさかの事態に備えて蓄えは必要ですし、余裕がないと住宅ローンの返済が続かなくなりますし、生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

銀行は貸し倒れのリスクに備えますか、利益を得るために無理な返済計画でも審査を通して目先の利益を得ようとする銀行もあります。

銀行が審査を通したからといって返済可能だとお墨付きをもらったということではありません。

そのことを忘れないで、長期間にわたり余裕をもって返済できる住宅ローンのプランを選んでいただきたいと思います。

<スポンサーリンク>