公務員が住宅ローンに落ちた理由とその後の対策

<スポンサーリンク>

公務員でも住宅ローンの審査に落ちてしまうことはあるのでしょうか?

公務員は安定した収入を得られますして、手厚い福利厚生がありますので住宅ローンの審査においては最も通りやすいとされています。

さらに公務員は民間企業と比べて転職率や離職率も低いため、住宅ローンの貸倒れの危険も少ないので絶対的に有利な状況にあると言えます。

それでも公務員が住宅ローンの審査に落ちたケースはあります。そこで公務員の住宅ローンの審査について検証します。

公務員でもブラックリストに載ると審査に落ちる

自己破産や返済延滞した場合には個人信用情報にその経歴が載ることにより、いわゆるブラックリストとなります。

クレジットカードなどの返済が61日以上延滞すると「異動」と記載される可能性が出てしまいます。この「異動」が登録されてしまいますと、たとえ安定した収入を得ている公務員であっても住宅ローンの審査に通ることはまずありません。

「異動」移動は登録されてから5年間は個人信用情報に記載されてしまいます。

消費者金融からの借り入れ

消費者金融からの借り入れがあるのでしたら住宅ローンの審査においてマイナス要素となります。

だからといって住宅ローンの審査申し込み時に申告しないことはさらにマイナスとなりますので正直に申告しておきましょう。

消費者金融の借り入れも情報機関に記載されますので、住宅ローンの審査の際に情報機関に照会して消費者金融からの借り入れがないかを必ず調べます。

住宅ローンの審査を確実に通過させるために消費者金融の借り入れがあるなら、完済しておきましょう。

それが難しいのであれば消費者金融から借り入れがあることを正直に申告し、消費者金融の借入を返済しながらでも住宅ローンの返済が可能な収入であることを証明できるよう、収入証明書などを用意していくことが絶対に必要となります。

共済貸付

銀行やノンバンクの住宅ローンの審査が通らない場合でも、公務員だけが利用できる住宅ローンがあります。

公務員は共済組合に加入しています。共済組合の組合であれば住宅貸付を利用することができます。

この住宅貸付制度は現在でもあります。ただし、ゼロ金利対策が始まって以来、銀行の住宅ローンの金利は超低金利となっています。

銀行の住宅ローンの方が圧倒的に低金利のため共済組合の住宅貸付の利用者は年々低下しています。

しかし、共済組合の住宅貸付の審査では個人信用情報を確認しないとされています。個人信用情報が原因で審査が落ちてしまっていても、共済組合の住宅貸付の審査では通る可能性があります。

このように共済組合の住宅貸付の審査は甘いです。住宅ローンの全額を共済組合住宅貸付で賄うのはおすすめはしません。それは先ほど説明しましたように銀行と比べて金利が高いからです。

それでも住宅貸付で借りることができた資金を自己資金頭金に充当することで、銀行の住宅ローンの審査において信用を高めることができ、今まで審査が通らなかった銀行でも審査に通る可能性が高くなります。

まとめ

公務員は民間企業に比べて圧倒的に有利な条件で住宅ローンの審査に通ることができます。

しかし、説明してきましたように例外もあります。現場が審査が通らない状況にありましたら、それを改善することで住宅ローンの審査に通ることは可能となります。

銀行の住宅ローン以外に共済貸付を紹介しました。今回紹介したことを参考にしてスムーズに住宅ローンの審査に通ることにお役に立てましたら嬉しいです。

住宅ローンで動くことになる金額は一生のうちで最も大きなものとなるでしょう。

だからこそ慎重に失敗することなく住宅ローンの審査と手続きを進めることができるよう、必要な知識を手に入れていただきたいと思います。

<スポンサーリンク>