ハウスメーカー提携の住宅ローンは通りやすいのか?

<スポンサーリンク>

ハウスメーカーには提携の住宅ローンがありますが、審査に通りやすいかが気になるところですよね?

ハウスメーカーの提携ローンとは、銀行などの金融期間とハウスメーカーが提携し、 ハウスメーカーの物件を購入した際に金利や保証料など優遇したローンを提供するものです。

ハウスメーカーからしてみますと、提携した住宅ローンがあれば「申し込みをすると住宅ローンで金利や保証料を優遇できますので、返済計画も建てられますし、購入条件も良くなります」とアピールし販売促進できるメリットがあります。

銀行もハウスメーカーと提携することによって住宅ローンの営業促進できますので双方にとってメリットとなります。

ハウスメーカー提携の住宅ローンのメリット

ハウスメーカー提携の住宅ローンでは、提携した銀行の住宅ローンの金利が優遇されています。これにより低金利で住宅ローンを組む可能性が高くなります。

また、ハウスメーカー提携の住宅ローンでは、住宅ローンの申し込みはハウスメーカーの担当者が行います。

手続きは住宅ローンを申し込む本人ではなく、担当者が記入を行い銀行へ持ち込み、その後の手続きも進めてくれます。

手続きに必要な時間や、銀行へ何度も足を運ぶ手間もありませんのでスムーズに住宅ローンの手続きを進められます。

実際に銀行に足を運ぶ必要があるのは契約時に契約書の記入を行うくらいです。

住宅ローンの手続きは手間が掛かりますが、ハウスメーカー提携の住宅ローンを利用することで簡単に進められることができます。

審査が落ちても対応してくれる

ハウスメーカー提携の住宅ローンではローン特約が付いています。このローン特約ではローンの審査が落ちてしまった場合でも違約金が発生しない条項が定められています。

さらに手付金や頭金が返還されることも定められていますので、万が一審査が落ちるようなことがあっても安心の保証がなされています。

ハウスメーカー提携の住宅ローンの審査は?

ハウスメーカー提携の住宅ローンの審査は通りやすいと言えます。住宅ローンの手続きは担当者が行います。

住宅ローンの審査が落ちる可能性が高いと判断すれば、そもそもハウスメーカー提携の住宅ローンを提供することはありません。

住宅ローンの審査に通る条件に満たしているだろうと判断したからこそ、ハウスメーカー提携の住宅ローンを提供することができるからです。

審査に絶対ということはありませんので、 審査に落ちるケースもあるかもしれません。

そうなってしまった場合でも、先ほど説明したローン特約がありますので違約金は発生しませんし手付金や頭金も返還されますので安心です。

他の住宅ローンと比較が出来ない

ハウスメーカー提携の住宅ローンにもデメリットがあります。ハウスメーカー提携の住宅ローンは地方銀行での取り扱いが多いです。

地方銀行は大手銀行に比べて審査が甘い傾向にありますが、金利が高くなっています。 ハウスメーカーと提携したことで金利が優遇されますが、地方銀行よりも金利が高くなってしまう場合があります。

物件の購入と同時に申し込むことになるハウスメーカーの住宅ローンですので、時間的余裕がない場合は他の住宅ローンと比較できません。

より金利が低い住宅ローンを選びたいのでしたら余裕を持った物件選びが必要となります。

まとめ

ハウスメーカー提携の住宅ローンでは面倒な手続きは担当者が行なってくれます。

しかし、金利の優遇があるからといって他の銀行よりも金利が低くなるとは限りません。

最適な住宅ローンを選ぶために、ハウスメーカーの担当者と話し合うのはもちろん、他の住宅ローンの金利や条件などを比較検討することができるよう余裕を持って住宅ローン選びに取り込むようにしてください。

<スポンサーリンク>