ゆうちょ銀行の住宅ローンの審査は甘いかを検証

<スポンサーリンク>

ゆうちょ銀行は全国の都道府県にありますので、長きにわたり利用している方も多いでしょう。

その安心感からゆうちょ銀行で住宅ローンの利用を検討している方も多いかもしれませんね。

ゆうちょ銀行の住宅ローンは他の銀行とは仕組みが異なります。スルガ銀行の代理業者として住宅ローンを取り扱いますので、住宅ローンを申し込みますとスルガ銀行の審査を受けることになります。

住宅ローンでは審査が甘いかどうかということは気になることですので、ゆうちょ銀行の住宅ローンの審査は甘いのかについて検証します。

金利で審査が甘いかを判断

金利によって審査が甘いか厳しいかを判断する基準となります。住宅ローンでは返済不能となり貸し倒れになった場合、金利によって収益を得ることで損害額を減らします。

そのため金利が高くすると審査が甘くなり、反対に金利が低くすると審査が厳しくなるのです。

ゆうちょ銀行の住宅ローンでは変動金利と固定金利のタイプがあり、金利の差が0.3パーセントあります。

金利に差があるということは、下限金利では融資できない代わりに、上限金利では融資することができるという条件となります。

金利に差ががあるということは柔軟な審査をしているということでもあります。柔軟なサービスをしているということは、他行の住宅ローンと比べて審査が甘くなる傾向があります。

ここまで説明したことをまとめますと、ゆうちょ銀行の住宅ローンの審査は甘いと言えます。

金利によって貸し倒れのリスクに備えていますし、金利に差がありますので柔軟な審査をしてくれるということからも判断できます。

スルガ銀行は審査が甘い銀行ですので、ゆうちょ銀行の住宅ローンでも審査が甘い傾向にあることには変わりありません。

ゆうちょ銀行ではフラット35を扱っている

ゆうちょ銀行では他の住宅ローンとしてフラット35を扱っています。フラット35では融資を行うのはゆうちょ銀行ですか、その債権を住宅金融支援機構が肩代わりします。

フラット35のメリットは長期固定金利で住宅ローンを借りられるということです。

フラット35も一般の銀行の住宅ローンに比べて審査が甘いとされています。さらにフラット35は低金利ですし、完済するまで固定金利で安心して返済していくことができます。

まとめ

ゆうちょ銀行の住宅ローン では、審査、契約、融資を行うのはスルガ銀行となります。

スルガ銀行が審査の甘い銀行です。そのため金利が高く設定していますが、他の銀行では住宅ローンがとらなかった同じ条件であっても、ゆうちょ銀行の住宅ローンだら審査が通る可能性があります。

ゆうちょ銀行ではフラット35も扱っています。ゆうちょ銀行の住宅ローンとともに、フラット35も申し込むことができます。フラット35も審査が甘い住宅ローンです。

ただし審査が甘いからといって誰もが審査に通るわけではありません。過去にクレジットカードの延滞がある人やブラックになっている人は審査に通りません。

現在の借入額が多い場合でも審査が通りません。住宅ローンの審査を申請するのでしたら、 借入額を払えるだけ支払っておきましょう。そうすることで審査に通過する確率が高くなります。

そして無理のない返済計画を立てることが肝心です。住宅ローンの仮審査は審査結果が出るまで非常に短いです、もし審査を落ちてしまったとしても借入可能金額を知ることができます。

その金額から購入条件を改めたり、自己資金と借入可能額で 購入可能な物件が明確になります。

住宅ローンの審査を有効に活用して、マイホーム計画を立てて、将来にわたり返済可能な返済プランをしっかりと考えておきましょう。

住宅ローンは事前に不明な点を調べておけばスムーズに融資を受けられますので、参考にしていただければと思います。

<スポンサーリンク>