住宅ローンのフラット35は審査が甘い

住宅ローンの審査で甘いのはフラット35だという噂を住宅ローンを検討している方は聞いたことがあるでしょうか?

フラット35のメリットは低金利で長期の固定金利ローンを組めることです。住宅ローンは長期の借入を行うものですから、そのメリットからフラット35が選ばれている理由となっています。

それではフラット35が住宅ローンの審査として甘いものなのかについて検証します。

フラット35の仕組み

フラット35を提供するのは、民間の金融機関と住宅金融支援機関が共同となります。

住宅ローンの審査において銀行が審査を行う場合、貸し倒れを防ぐために厳しい審査を行います。

フラット35では銀行の住宅ローンと仕組みが違います。銀行が住宅ローンの融資した後、その債権を住宅金融支援機構が買取m巣。

したがって、貸し倒れとなってしまったときに被害を受けるのは住宅金融支援機構になり、銀行が不良債権を抱えることはありません。

これがフラット35の住宅ローンの審査として甘いと言われている理由となります。

過去には審査が甘すぎるため住宅金融支援機構は行政から改善指導を受けたことがあります。

審査の問題点として指摘されたのは個人信用情報の調査をしない銀行があり、返済延滞などブラックの人も審査に通していたというほどモラルハザードが起きていたのです。

行政指導がなされていてからはブラックでも審査が通るということはなくなりました。

仮審査は銀行が行い、本審査は住宅金融支援機構が行っているため以前と比べて審査は厳密となっています。

しかし、民間の住宅ローンと比較してフラット35は審査に比較的甘いことには変わりはありません。

フラット35のメリット

フラット35のメリットは全期間固定金利ですので、住宅ローンの審査が通り契約した時点で返済額の全額が確定します。

景気動向などインフレで金利が変動することがありませんので、返済計画が立てられやすいですし、 将来の人生設計をしていくうえで見通しも立てやすいでしょう。

保証料と繰り上げ返済手数料が無料

住宅ローンは返済不能となった場合の担保として、代わりに返済を行うを保証会社との契約が義務となっているのがほとんどです。

保証会社を契約するには住宅ローンの金額の1~2%の保証料を払わなければなりません。

住宅ローンの金額によって異なりますか、保証料で10万円以上の支出が必要となるため、住宅ローン利用者にとってはさらに負担となります。

しかし、フラット35ですと保証料や繰り上げ返済手数料は無料となります。保証人も必要ありません。

大きな金額の借り入れとなる住宅ローンを利用が容易になるのは大きなメリットとなります。

繰り上げ返済手数料を一定金額の手数料で徴収する金融機関もまだあります。フラット35でしたら手数料をかけずに繰り上げ返済ができます。

早めの返済をして完済する場合でも手数料が必要なく、負担を少なくなるのでこちらもフラット35のメリットとなります。

独自の審査基準

住宅ローンは様々な種類がありますので審査もそれぞれ基準が異なってきます。

フラット35には独自にな基準があり、特に建物の技術基準の厳密となっています。

建物の技術基準が満たさない住宅住宅では、基準を満たすまでリフォームしないと購入できない場合もありますので注意してください。

融資手数料

フラット35では 保証会社への保証料が無料ということを説明しましたが、その代わり融資手数料を払います。

手数料は一定の金額を住宅契約時に払うタイプと、借入金額の1~2%の金額を支払う代わりに金利を優遇するタイプに分けられます。

最初の負担を減らしたいなら契約時に支払うタイプを、支払総額を減らしたいなら金利を優遇するタイプを選んでください。

まとめ

フラット35は審査が甘いというメリットがありますか、他の住宅ローンにはない独自の基準や条件があります。

メリットが多いのでしたらフラット35を利用して住宅ローンを組むことをお勧めします。