住宅ローンの審査が甘いノンバンクとは?

住宅ローンの審査は大手銀行ですと厳しいですので、数回落ちてしまうと審査の甘いノンバンクの住宅ローンだったら大丈夫じゃないかと思うかもしれませんね。

大手銀行の審査ローンですと、カードローンの支払いの遅延がありますと、まず仮審査の段階でお断りされてしまいます。

それでは先ず住宅ローンにおける銀行とノンバンクの違いについて説明します。

銀行とノンバンクの違い

民間の住宅ローンは大きく分けて銀行とノンバングの2つになります。通常の銀行は貯金の預け入れや為替決済を業務とします。一方、ノンバンクではこれらの業務を取り扱いません。

ノンバンクの中にはローンを専門している会社もあれば、保険やリースを専門としている会社はあります。

住宅ローンを専門としているノンバンクは知名度が低いところがありますので、利用に対して不安に思うかもしれません。

しかし、住宅ローンを扱ってからの運営期間が長く実績が多いノンバンクでしたら、住宅ローンに関しては銀行よりも詳しく顧客のニーズに寄り添ったサービスを提供してくれます。

住宅ローンで動く金額は大きいですし、初めて住宅ローンを組む方にとってはわからないことばかりですので、初めての方の目線に立ってわかりやすく説明をしてくれるノンバンクの住宅ローンを選択肢の一つとすることをお勧めします。

住宅ローンを取り扱う会社は銀行とノンバンクを含みて多数あります。審査の基準も違いますし、大手銀行は審査は厳しいです。銀行でも中小銀行や地方銀行は大手銀行と比較するとが審査が通りやすいと言われています。

審査の厳しさに関係なく、過去5年内に支払い遅延などがありますと銀行系での住宅ローンで審査を通過することは厳しいです。

金利は高くなりますが、ノンバンクの住宅ローンであれば審査が通る可能性がありますが、それでも厳しいと言えます。

支払い遅延から5年以上経ちましたら、個人信用情報は削除されます。5年を経過して審査が落ちるようなことになれば年収や融資金額が理由で審査が落ちる可能性が高いです。

いずれにしても住宅ローンの審査が甘いノンバンクはあります。いくつか申し込んで審査が通過して金利が最も安いところ選ぶことをお勧めします。

住宅ローンの審査は現在の借入額を大きく影響します。カードの支払いなども審査の対象になります借り入れがが多いのでしたら、返済してから住宅ローンの審査を申し込むようにしましょう。

ノンバンクの住宅ローンの審査は甘いのか?

住宅ローンの基準は公表されません。ある金融機関では審査が通過しなくても、他の金融機関なら同じ条件でも審査が通過するということがあります。

金融機関が最も避けるべきことは貸倒です。貸し倒れされないように審査を厳しくするか、金利を上げるかなどの対策を施します。

ノンバンクが金利が高くしているとすれば、 金利で貸し倒れのリスクを備えていることになりますので、その分審査基準を下げていますので、住宅ローンの審査が甘いノーバングと言えるでしょう。

審査の甘いノンバンクの住宅ローンをひとまず組んでから、銀行の住宅ローンに入らなかった条件を満たして銀行系の住宅ローンに乗り換えるという方法もあります。

勤続年数が条件を満たすことができず審査が通過しない場合でしたら、年数が経過すれば条件を満たすことで解決できます。

ノンバンクの住宅ローンを検討するなら事前に調査して銀行系の住宅ローンの比較することが重要です。

ノンバンクの住宅ローンの審査は甘いと言われていますが、最低限の基準が満たすことが出来なければ審査に通ることは難しいです。

住宅ローンで動く金額は一生のうちで最も大きな金額となることでしょう。

だからこそ慎重に最適な自動車ローンのプランを選んでください。

仮審査が通っても本審査で落ちてしまうことがありますので、いくつかの住宅ローンを申し込み準備をしておくと良いでしょう。