住宅ローンの審査に落ちたケースでの審査対策

住宅ローンの審査に落ちてしまったら、貸してくれる金融機関はどこもないのではと途方に暮れてしまうかもしれません。

住宅ローンの貸付額はとても大きな金額となりますから審査が厳しくなるのは当然です。

さらに審査項目が多岐にわたりますので、何が原因で審査に落ちてしまったのか判断できません。

住宅ローンに進化する確率は約8割と言われていますので決して低い数字ではないのですが、約1割の人が仮審査の段階で落ちているのも現実です。

対策を立てず徒にに住宅ローンの審査を申請するだけでは審査に通過する可能性はさらに低くなってしまいます。たとえ仮審査に通ることができても本審査で落ちてしまうケースも多々あります。

住宅ローンの審査に一度でも落ちてしまえば、もう住宅を購入することは無理なのではと諦めてしまう方も実に多くいらっしゃいます。

しかし、住宅ローンに通ることは決して難しいことではありません。審査に通らない理由はあります。

その理由さえ分かって対策を施せばまず審査に通らないということはなくなります。

それでは住宅ローンの審査になぜ落ちるのか、審査に通るために絶対に外せないポイントについて解説します。

住宅ローンの審査に一度でも落ちてしまったことがある方は特に参考にしていただきたいと思います。

住宅ローンの審査に落ちる理由

住宅ローンの審査項目は多岐にわたり、審査の基準は金融機関によって異なり公表はされません。

住宅ローンの審査に落ちるパターンで最も顕著なのが返済負担率の超えてしまっていることで。

返済負担率は年収に対する返済額の割合となるのですが、基準を超えますと当然審査に通りません。

年収に見合った返済額でなければ、当然お金を貸すわけにはいかなくなります。返済できなくなる可能性がある相手にお金を貸すところがあるはずはありません。

返済負担率は自動車ローンやカードローンなどが返済中であれば、全ての返済額も合計した金額で審査されてしまいますので、年収が多くても借入が原因で審査に落ちる確率が高くなります。

さらに個人信用情報に傷があるいわゆるブラックリストに載っていたら審査には通りません。

審査の際には個人信用情報を照会しますので、過去に自己破産してるかどうかも調べられます。

自己破産だけではなくローンの支払いを滞納していたためその履歴が残っていると審査に通らないこともあります。

住宅ローンの審査では、お金を貸して確実に返済できるかが最も重要な審査ポイントとなりますので、住宅ローンの審査を申請する前に借り入れ状況を全て把握しておきましょう。

そして延滞している返済があれば一刻も早く返済を完了しましょう。

住宅ローンは返済できる額に

住宅ローンは限度額いっぱいに借りることは返済の負担を高くするだけですので、収入に見合った返済額を決めることが重要となります。

無理なく計画的に返済できるかどうか、その金額はどれくらいになるのか事前にシミュレーションしておきましょう。

お子さんがいる家庭ですと教育費が負担となる間は住宅ローンの返済にも影響を及ぼします。

お金が必要となる事態はいつ起きるかわかりません。計画的に返済できなくなることだってあるかもしれませんので、余裕を持った返済プランを立てることが絶対に必要です。

どれくらいの金額であれば無理なく計画的に返済できるか調べるためには、金融機関のホームページにあるシミュレーションサービスを活用してください。

借入可能金額やや毎月の返済額を計算することができます。返済期間などを条件を変えて計算することができますので、将来お金がかかることを見越して様々なパターンで返済額を計算してください。

返済額の計算を怠りますと、住宅ローンの金額を正確に把握することができませんし、審査の際にも返す見込みがない相手と判断されてしまうかもしれません。

審査に落ちてしまったら審査が甘い金融機関に

住宅ローンの審査は金融機関によって異なりますので、いわゆる審査に甘い住宅ローンも存在します。

住宅ローンは不動産物件を購入する不動産会社で提携している住宅ローンを選ぶことが多いですが、ご自身でも金融機関を探すことでより良い条件で借りられる住宅ローンを見つけることができます。

ネットの情報を調べるなどして最適な住宅ローンを選んでください。

住宅ローンの審査は通りやすくなっている

過去と比べて現在は住宅ローンの多様化が進んでいますので、Aで落ちたからといってBも落ちてしまうということではなくなっています。審査に通る可能性も増えています。

特に銀行はマイナス金利が続いて、お金をよりたくさん融資しなければ利益を得られなくなっています。

そのため住宅ローンは以前よりもはるかに借りやすくなっているのです。

まとめ

住宅ローンの審査に落ちないためにはローンは極力減らし、支払いを遅延したり滞納したりしないようにしましょう。

お金の流れをしっかりと管理できれば住宅ローンの審査に通ることは難しいことではありません。この事をしっかり覚えておいてください。

Posted by admin